脂肪燃焼とボディクリームの関係|3sボディクリームの効果が凄かった

ボディクリームのマッサージで痩せることができるのか?というのは、少し疑問を持たれる方も多いはずです。

 

しかし、実際には痩身を売りにしているエステサロンなどでも、オイルマッサージのメニューは必ず存在します。

 

ボディクリームの成分には、どのような効果があるのかを調べてみました。

 

 

 

まず、スリムになると謳われているボディクリームには、次のような成分が含まれています。

 

温感成分

 

血行を促進することでカラダの代謝をあげる成分です。

 

トウガラシエキスやバニリルブチルなどがよく目にすることが多いです。

 

 

冷感成分

 

暖かくするものと反対に冷たくすることでも代謝を活発にすることがあります。冷えたカラダを自力で代謝をあげてカバーする考え方です。

 

メントールやミントなど、みなさんもお馴染みですね。あまりオススメではありません。

 

 

引き締め成分

 

美容効果を発揮するには、ボディークリームに引き締め成分が含まれているかもチェックです。

 

こちらにもメントールが使われていますが、チャ葉エキスやビワ葉エキスなどが含まれているものがオススメです。

 

 

肌を柔らかくする成分

 

肌を柔らかくすることと痩せることは直接に関係はありませんが、美容成分の浸透をよくするには、ごわごわな肌では効果が半減します。

 

さわり心地もよくなるので、ここも見逃せません。アルガンオイルやセラミドなどお馴染みのものです。

 

 

保湿成分

 

乾燥を防ぐために必要です。ジェルやクリームのほとんどの商品には、何かしら含まれているはずです。

 

ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、コラーゲンなど。